*

指名へのこだわりを捨てる~美容師を楽しむためのコラムvol.2~

公開日: : 最終更新日:2015/11/28 スタイリスト育成, 幹部育成

美容師はいかに指名客をとるかが重要とされ、アシスタント時代からそう刷り込まれて育ちます。

 

たしかに、指名客が多ければやりがいも増しますし、給料もあがります。

 

スタイリスト同士でも競争の原理がはたらきモチベーション向上にもつながり、

 

店舗マネジメント的にもスタイリストの売上を高い水準で計算して売上計画を立てられるようになります。

 

と、本来このようなメリットの上に成り立っている指名制度ですが

 

昨今では指名制度のデメリットが目に余るようになってしまっています。

 

それは、、、

 

「ゼロサムゲームの世界」にひきづりこまれること。

 

ゼロサムゲームの世界では美容師はとてもつらい仕事になってしまい、楽しみを見出せなくなってしまいます。

 

ゼロサムゲームの世界とはいわば、弱肉強食の世界。

 

強い者は生き残り、弱い者は去らざるをえない世界。

 

強い者は弱い者を蔑み、弱い者は強いものを妬み、忌み嫌う。

 

本来お互いが切磋琢磨して高めあって行くための制度のはずが、店舗内での客取り合戦が勃発し、スタイリスト間で足を引っ張り合うようになってしまっています。

 

また、お客様への差別にもつながってしまっています。

 

指名客や指名をとりやすい新規のお客様には力を入れ

 

本来お店のファンであるはずが、長く通って頂いている指名になりずらいフリー客はないがしろにして失客させる。

 

今はカリスマ美容師時代とは違い、まずお店にお客様がついて、その中でお気に入りのスタイリストにつくというステップをふむと言われていますが、これでは本末転倒です。

 

美容師は今、「ゼロサムゲームの世界」ではなく、「創造の世界」で生きることを求められています。

 

創造の世界とは、弱肉強食ではなく優勝劣敗。

 

美容師だけではなく、資本主義社会の根底としての概念ですね。

 

人の成功を心から称え、自分には今何が足りていないのかを考えて日々改善していく。

 

そしてその中で新しい価値を創造していく。

 

創造の世界を生きてはじめて、美容師の仕事は本来の楽しさを見出せるのです。

 

そのための第一歩として、まずは指名へのこだわりを一度捨ててみるところからはじめてみることをお勧めします。

 

関連記事

「あの時は大変だった」と思える時期を持つ~美容師を楽しむためのコラムVol.17~

  「あの時は大変だった」そう思える時期というのは、自分が辛い時に大いに助けになるも

記事を読む

目標を決める~美容師を楽しむためのコラムVol.6~

  ”散歩の途中で富士山に登った人はいない”   富士山に登るためにはまず

記事を読む

美容師のためのオススメ本~本を読まない美容師はバカである~

というタイトルの本はありませんが。笑   今回の美容師のためのオススメ本はこち

記事を読む

美容師のためのお悩み相談室

当ブログに美容師のためのお悩み相談コーナを追加しました♪ お悩み相談  

記事を読む

比較優位をうまく使う~美容師を楽しむためのコラムVol.10~

  スタイリストのなかにはアシスタントにあまり仕事を任せない人も多いですよね。 &nb

記事を読む

チームワークを重んじる~美容師を楽しむためのコラムVol.5~

  美容師にとって「個性」はすごく大切な要素ですが、   個性の強い人達が

記事を読む

美容師のためのオススメ本〜人事評価の裏ルール〜

今回の美容師のためのオススメ本はこちら! 「人事評価の裏ルール」 溝上憲文 著

記事を読む

指名客が増える基本的マインド〜美容師を楽しむためのコラムVol.13〜

どれだけたくさんのお客様にご指名をいただけるかが「上手な美容師」としての1つのステータスになっていま

記事を読む

美容師のためのオススメ本~藤田晋の仕事学~

  今回の美容師のためのオススメ本はこちら   「藤田晋の仕事

記事を読む

美容師のためのオススメ本〜あえてレールから外れる。逆転の仕事論〜

今回の美容師のためのオススメ本はこちら! 「あえてレールから外れる。逆転の仕事論」 堀江貴文 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 株式会社プリュッシュ代表。 オーパーズグループにヘッドハンティングで招かれ、2014にJillhairをグループ店として出店。 スタッフ教育におけるマネジメント能力は社内外から高い評価を受けている。   個人事業主として雇用する面貸しサロンが増え、SNSを利用した個人での発信がより重要視されいく美容業界において、 あくまでも「チームサービス」にこだわりサロンマネジメントに取り組んでいる。   美容学生向けの「gricoエザキヨシタカとair木村直人のマルチバースオンラインスクール」にて講師としても活動中   友だち追加数      
    • hair Lanish ホームページ
    • Jillhairホームページ
    • 株式会社プリュッシュのホームページ
PAGE TOP ↑