*

「あの時は大変だった」と思える時期を持つ~美容師を楽しむためのコラムVol.17~

 

「あの時は大変だった」そう思える時期というのは、自分が辛い時に大いに助けになるものです。

 

ですが自分の見解では、自信を持ってそう言える時期を経験していない子が多いように思えてなりません。

 

なんでもいいと思うんですよね。

 

あくまでも「自分の中で」頑張った時期があればいいと思うんです。

 

それが僕の場合は高校時代までの野球部としての経験だったり、アシスタントとしての勉強時代であったり、経営者としての創業時代であったりするわけなんですが、

 

その時期の中でも、自分でももっと頑張れるところがあったんじゃないか?とはいつも思いますし、もっと大変なことを経験している人から見ればまだまだあまちゃんに見えると思います。(実際に本部のオーナーによく言われます)

 

それでも自分が辛い状況(思うようにことが進まない時期や、逆境に立たされている時期)ではあの時の方が全然辛かったと思えることが自分を振るい立たせる原動力になりますし、

 

「あの時もっとできたはず」という後悔が、今回はもっと頑張ろうというモチベーションになっています。

 

美容師という仕事は決して楽ではありませんので、そういう時期を持っていない子は離れていってしまう人が多いです。

 

でも、美容師を離れて他の仕事に就く人ってけっこう多いですが、興味があったはずの美容の仕事を続けられなくて、他の仕事って続くんでしょうか?

 

そういう人たちはできて単純作業だと思いますけど、雇用する側から見れば単純作業だったら派遣さんやパートさんの方が断然いいですし、AIがこれだけ発展してきて人材にとってかわられると言われている時代に単純作業しかできない人は生き残っていけなくなってきます。

 

 

040

 

今の美容業界は変わりつつあって、確かにアシスタントとしての初任給はまだまだですが、マイナンバーの導入によって業界全体では問題になっていた社会保険も強制加入の方向になっていますし、

 

役職あるポジションにつけば(美容業はポジション余ってますので役職つくのは難しくない)、今のサラリーマンが一番多くもらっている層の年収は超えますので生活的にもそんなに苦労しないし、役職経験者であれば【人財】不足の美容業界にとっては引く手あまたです。

 

少し話が脱線しましたが、「あの時は大変だった」と思える時期がない子には、アシスタント時代にそういう時期を経験させてあげたいと僕は考えています。

 

まぁ大抵の場合は嫌われると思いますけどね。笑

 

でも、それが僕が自分に課している仕事だし、それでもついてきてくれる子を大事にしたいと思います。

 

 

美容師を楽しむためのコラム一覧

 

 

 

関連記事

みらいロケット~美容師を楽しむためのコラムVol.16~

先日、とても有意義な講演会に参加してきたので覚書&共有できればと。   美容師

記事を読む

美容師のためのオススメ本~ゾーンに入る技術~

今回の美容師のためのオススメ本はこちら 「ゾーンに入る技術」 辻 秀一 著 &n

記事を読む

指名へのこだわりを捨てる~美容師を楽しむためのコラムvol.2~

美容師はいかに指名客をとるかが重要とされ、アシスタント時代からそう刷り込まれて育ちます。 &n

記事を読む

チームワークを重んじる~美容師を楽しむためのコラムVol.5~

  美容師にとって「個性」はすごく大切な要素ですが、   個性の強い人達が

記事を読む

美容師のためのオススメ本~地道力~

今回の美容師のためのオススメ本はこちら 「地道力」 國分利治(EARTH創業者)著

記事を読む

美容師に必要な6大接客スキル

美容師に必要な接客スキルを6項目にまとめました それぞれの項目を5段階に分けて評価し、

記事を読む

パラダイムを理解する~美容師を楽しむためのコラムVol.8~

この記事はこちらの書籍を参考にしています 美容師のためのオススメ本~7つの習慣~  

記事を読む

美容師のためのオススメ本〜あえてレールから外れる。逆転の仕事論〜

今回の美容師のためのオススメ本はこちら! 「あえてレールから外れる。逆転の仕事論」 堀江貴文 

記事を読む

美容師のためのオススメ本~7つの習慣~

今回のオススメ本はこちら 「7つの習慣」 スティーブン・R・コヴィー &nb

記事を読む

売れっ子美容師の法則

売れっ子美容師には法則があります それは、技術力・美容師6大接客スキル・人間としての魅力の3大

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 株式会社プリュッシュ代表。 オーパーズグループにヘッドハンティングで招かれ、2014にJillhairをグループ店として出店。 スタッフ教育におけるマネジメント能力は社内外から高い評価を受けている。   個人事業主として雇用する面貸しサロンが増え、SNSを利用した個人での発信がより重要視されいく美容業界において、 あくまでも「チームサービス」にこだわりサロンマネジメントに取り組んでいる。   美容学生向けの「gricoエザキヨシタカとair木村直人のマルチバースオンラインスクール」にて講師としても活動中   友だち追加数      
    • Jillhairホームページ
    • 株式会社プリュッシュのホームページ
PAGE TOP ↑