*

美容師資格を取るなら通信課程がオススメな3つの理由

公開日: : ブログ

 

美容師の国家試験を受けるためには美容専門学校を卒業しなければなりませんが、実は美容専門学校にも通信課程があることをご存知でしょうか?

 

通信課程で専門学校に入学するためには「美容室に勤めている」ことが必要です。

 

普通は美容師になろうと思ったら高校卒業後に専門学校に通い、国家試験を受けて美容室に就職するというのが流れですが、実は高校卒業後すぐに美容室に就職できるんです。

 

会社やサロンにもよるんですが、通信課程で免許を取得することを条件にして高卒から採用しているところって多いんですよ。

 

通信課程では普段は美容室で働きながら、送られてくる添削課題を提出し、【スクーリング】といって年に2回、2週間程度学校に通う期間があります。

 

専門学校によってスクーリングの回数や日数は微妙に違っていますが、春休みと夏休みを利用して通信生がスクーリングで通学する形になるのでだいたいそんな感じ。

 

卒業までは3年間と、普通に専門学校に入学するよりは1年長くかかりますがメリットも多く、以下の3つの理由から僕は通信課程での美容師免許取得をオススメしています。

 

 

スタイリストデビューが早い

当たり前なんですが念のために言っておくと、美容師免許を取ったからといってサロンに就職後いきなりお客様の髪を切れるわけではありません。

 

美容師としてお客様に施術する技術は、各サロンごとに必ずテストがあって、それこそマッサージ1つとってもテストに合格しないとできるようになりません。

 

テストの項目は各サロンの教育カリキュラムによって様々ですが、スタイリストデビューするまでに少なくとも15〜20項目ぐらいあってそれらすべてに合格してやっとスタイリストとしてお客様を担当できるようになります。

 

スタイリストデビューするまでのアシスタント期間はだいたい3〜4年ぐらいです。

 

通信課程では18歳から働き始めるので、21〜22歳ぐらいにはハサミを持てるようになります。(ちゃんと国家試験合格すればね。笑)

 

専門学校に通った場合は20歳から働き始めてデビューが23〜24歳。遅ければ25歳過ぎてからやっとというパターンも多いんですが、通信なら25歳には店長任されてる人も多いです。

 

美容師ってやっぱり技術職なのでスタイリストになってからの経験の差が物を言うですよね。

 

ここで疑問に思うのが、専門学校で技術の勉強もしてきたんだからお店のテスト項目も1年ぐらいですんなり合格できるんじゃない?ってとこなんですが、残念ながら国家試験の課題と実際のサロンワークは全くの『別物』になってしまっている現状です。

 

そして専門学校は国家資格を取るための勉強をするところなんですよねぇ。

 

 

学費が安い

2つ目の理由は単純に資格取得のための費用を安く抑えることができます。

 

専門学校は普通に通うと学費が2年間で200万〜300万かかりますが、通信課程では3年間で50万〜90万程度と割安。

 

上記したように国家試験はサロンワークとはズレがあって、結局は美容師として大事になってくるのは現場の技術なので、言い方は悪いですが資格は形だけあればいいかなといった感覚です。

 

そこに200〜300万かけてまるまる2年間を費やすのは、金額的にもそうですが時間的なコストの面でもパフォーマンス的にはどうなんでしょうか。

 

 

美容師としての寿命が長い

これは僕の完全なる肌感覚でしっかりと統計をとったわけではないですが、今まで見てきた美容師さんたちの中では比較的に通信卒の方が長く業界に残っていると思います。

 

どの業界でもそうですが、美容師もスタイリストになると数字に関してはかなりシビアになってきます。

 

しっかりとした実力が伴ってないとなかなか結果につなげられないんですが、美容師としてのスタイリストデビューの時期なんて「必要最低限のことだけがやっとできる」程度のレベルで、その後から学ぶことの方が山ほどあるわけなんですね。

 

そういった理由からほとんどの美容師が伸び悩みの時期というのを経験します。

 

美容師の給料体制では歩合の割合によって変動するところがほとんどですので、伸び悩むということはお給料も上がらないということです。

 

特に男性美容師の場合だと、20代後半に伸び悩みの時期が重なっていると今後の将来設計に不安が出てきます。伸び悩んでいる時期はうまくいかないことの方が多いので思考もネガティブになりがちです。その時期に結婚、出産なんかが重なってきたらもう大変。

 

そうなってくると結局は他業種に転職するケースが多く、美容業界からは完全に離れて行ってしまいます。

 

せっかく好きなことを仕事にできて、そのためにお金も時間もかけて努力してきたのに、いざこれからって時に転職せざるをえないなってもったいないですよね?

 

だから25歳でスタイリストデビューなのか、25歳で店長任されてるかの違いは大きいんです。

 

要するに通信卒の方が経験が長い分美容師としての人生設計にゆとりが持てるようになるんですね。

 

伸び悩みの時期を脱出するには時間と労力とさらなる努力が必要ですから、その期間を確保できるのはやはり通信卒の強みかと。

 

そして伸び悩みを脱出できるほどの実力が蓄えられたなら、その後には伸び盛りの時期がやってくるわけですから。

 

 

まとめ

以上が僕が通信課程をオススメする3つの理由になりますがいかがでしたでしょうか?

 

最終的には各個人の価値観によるところではありますが、通信はメリットの部分が多いと思います。

 

デメリットとしては国家試験合格率が3割弱落ちるといったところですが、あくまでも一発合格の割合であって、僕個人も通信で資格取得していますが同級で最終的に合格できなかった人はいませんでしたよ。

 

あとは有名サロンへの就職は難しいかもしれません。通信生を採用していないことが多いですしので、どうしても行きたいサロンがある人はやはりパイプのある専門学校に通うのが一番の近道です。

 

それには将来的に美容師としてどういう進路をとるか?ということも関係してくるので、合わせてこちらの「自分は将来どういう美容師になりたいか?〜働く美容室の選び方」も参考にして見てください。

 

 

関連記事

美容師向けオンラインサロン【Real Voice(リアルボイス)】

美容師のプレゼン動画に特化したRealVoice   メーカーと共同で主催している

記事を読む

グローバルミルボン始めました!!

(株)プリュッシュが運営するJillhair(ジルヘアー)にて、ミルボンさんの新シリーズ「グローバル

記事を読む

no image

Dearsとフランチャイズ美容室

先日この方とお会いしてきました。 ブログより参照 北原孝彦ー毎日をワクワクに変えていこう

記事を読む

流山セントラルパークの美容室hair Lanish(ヘアーラニッシュ)に乞うご期待!!

僕が代表を務める株式会社プリュッシュの新店舗となるhair Lanish(ヘアーラニッシュ)がまもな

記事を読む

美容師のためのオススメ本〜組織の毒薬〜

今回の美容師のためのオススメ本はこちら! 「組織の毒薬」 日高祐介 著 サイバー

記事を読む

 ホットペッパーの美容師求人サイトに期待

  ホットペッパーの求人サイトがリリースされましたね。   今

記事を読む

美容師のためのオススメ本〜独立から2店舗目をめざすサロン成長戦略会議【NO LIMIT】〜

今回の美容師のためのオススメ本はこちら! 「独立から2店舗目をめざすサロン成長戦略会議」 NO

記事を読む

no image

目の前のことにのみ集中する~美容師を楽しむためのコラムVol.16~

”目の前のことにのみ集中する”これって簡単そうに見えて実は難しい。   僕も昔は苦手で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 株式会社プリュッシュ代表。 オーパーズグループにヘッドハンティングで招かれ、2014にJillhairをグループ店として出店。 スタッフ教育におけるマネジメント能力は社内外から高い評価を受けている。   個人事業主として雇用する面貸しサロンが増え、SNSを利用した個人での発信がより重要視されいく美容業界において、 あくまでも「チームサービス」にこだわりサロンマネジメントに取り組んでいる。   美容学生向けの「gricoエザキヨシタカとair木村直人のマルチバースオンラインスクール」にて講師としても活動中   友だち追加数      
    • hair Lanish ホームページ
    • Jillhairホームページ
    • 株式会社プリュッシュのホームページ
PAGE TOP ↑