*

美容師のためのオススメ本〜人生の勝算〜

公開日: : 独立

今回の美容師のためのオススメ本はこちら!

「人生の勝算」 前田裕二 著

 

オンラインサービス「SHOWROOM」を手がけるいま最も注目される20代起業家、前田祐二の初の著書。

(帯に書いてあることをそのまま転記する僕の語彙力のなさにはできれば気づかないでいただきたい。)

 

初めて悔し泣きさせられた本

美容業界きっての読書家を自称する僕が、本を読んで感動して泣くのとは違う、初めての「悔し泣き」を経験した本です。

 

こみ上げてくるものを抑えきれずに、急遽駅のトイレに駆け込んで泣くという醜態を晒させていただきましたww

 

痛感させられたのは「覚悟の違い」。僕も自身で会社を起こしてそれなりに覚悟を持って人生を生きている自負がありましたが、その腹のくくり方の違いをまざまざと見せつけられた思いです。

 

今まで数多く読んできた書籍は自分より年上で尊敬すべきすごい人が書いている本ばかりでしたが、今回の「人生の勝算」は8歳で両親を亡くし、小学生から路上ライブでお小遣いを稼ぐしかなかった不幸な少年のストーリー。

 

完全に0からスタートしたその少年が、29歳の現在にまだまだ夢の途中で執筆したこの本に嫉妬を覚えずにはいられませんでした。

 

前田さんの実績として、UBS証券に入社してからの営業成績がすごいとか、ニューヨークでの経験がすごいとか、年収がすごいとかそういうことじゃないんですよね。

 

ただただ、夢を追いかけていくその情熱と、誰にぶん殴られようと今の事業は絶対成功させると表現されていた、「成功することを決めている」その腹のくくり方に自分の甘えを突きつけられました。

 

独立を目指すなら必ず読むべき

本書の中でもとくに僕が印象深くかつ、共感を覚えた部分が、著者がDeNA創業者の南場さんに起業のアイディアを相談しに行くシーン。

 

UBS証券でのこれ以上ないほどの実績をひっさげて起業の打診をしたその返答が「悪くないよ。それで?」というもの。

 

前田くんが考えている起業プランなんて、今この瞬間に世界中で少なくとも100人くらいの人は考えついている。だから、それ自体に、価値はないんだよ。肝はexecution。前田くんの事業は面白いかもしれないけど。大失敗して、大きな借金を抱える可能性もある。従業員の人生や、家族の日々の暮らしも、みんな犠牲になってしまう。そのリスクをカバーできる胆力があるか

 

偉そうに言うつもりはないけれど、小さい規模ではあるけれど僕も確実に通った道です。

 

自分がいかにデキる、イケると思って始めたことでも実際の実業において思い通りに事が進むことなんてきっと一つもない。そうなると周りからの不安もあたりもどんどん強くなっていって、自分を保つのすら難しくなる。そんな中で、自分の不安、周りの不安、失敗の代償、責任、それらをすべて背負ってでも自分の最初の決断を自分自身が信じきれるかどうか。そして、どんなに逆風の時でも周りに成功のビジョンをて示し続けられるかどうか。

 

その胆力があるかどうかで「成功するまで続けられるかどうか」っていうシンプルな成功法則に帰結するもんだと僕も思っています。

 

人生のコンパスは持っているか?

本書に度々出てくるこのフレーズ。

人生という荒波の中で迷わないためには、自分は何を幸せと定義し、どこへ向かっているのかという価値観の言語化が必要不可欠であり、その指針(コンパス)をもつための努力をまずする必要があると繰り返し説かれています。

 

美容師も独立する時に、安易に今よりも給料が欲しいから独立するという方も多いです。ですが、独立することによって捨てないといけないものもたくさん出てくるし、独立前と同じ売上だったら固定費を考えればまず自分の給料は減るでしょう。それだと無駄に事務処理に追われるだけの独立になってしまいます。

 

そうならないためにも「コンパスは持っているか?」ともう一度自問してみましょう。コンパスさえ持っていれば、あとは胆力を持ってやり抜くことが一番の近道です。

 

 

 

美容師のためのオススメ本一覧

 

関連記事

美容師のためのオススメ本〜沈黙のWebライティング〜

今回の美容師のためのオススメ本はこちら! 「沈黙のWebライティング」 &nbs

記事を読む

美容師が独立する前に読むべき失敗事例

今回のテーマは【美容師の独立】に関して。 昨今では、フリーランス美容師が増えてきていて「独立」

記事を読む

美容師のためのオススメ本〜革命のファンファーレ〜

今回の美容師のためのオススメ本はこちら! 「革命のファンファーレ」 西野亮廣 著

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 株式会社プリュッシュ代表。 オーパーズグループにヘッドハンティングで招かれ、2014にJillhairをグループ店として出店。 スタッフ教育におけるマネジメント能力は社内外から高い評価を受けている。   個人事業主として雇用する面貸しサロンが増え、SNSを利用した個人での発信がより重要視されいく美容業界において、 あくまでも「チームサービス」にこだわりサロンマネジメントに取り組んでいる。   美容学生向けの「gricoエザキヨシタカとair木村直人のマルチバースオンラインスクール」にて講師としても活動中   友だち追加数      
    • hair Lanish ホームページ
    • Jillhairホームページ
    • 株式会社プリュッシュのホームページ
PAGE TOP ↑