*

美容師のためのオススメ本〜独立から2店舗目をめざすサロン成長戦略会議【NO LIMIT】〜

公開日: : ブログ

今回の美容師のためのオススメ本はこちら!

「独立から2店舗目をめざすサロン成長戦略会議」 NO LIMIT 著

 

本日、こちらのノーリミット本の出版イベントに参加してきました!

個人的にも大河内さん率いるGULGULさんには色々とお世話になっていますし、オンラインサロンのNO LIMITでは弊社の坂本もお世話になってますので。

さすが今話題のオンラインサロンといったところか、六本木グランドタワーの会場が美容業界関係者で埋め尽くされていました。

真ん中ぐらいの席ではありましたが、写真はかなり遠くなってしまってお三方の顔も全くわかりませんね。笑

 

ではでは本題の、これだけ話題のNO LIMIT本の内容はというと、、、

 

2店舗目というか、そもそも独立する前に読んだ方が良い

 

美容業界向けオンラインサロンNO LIMITは明確に【2店舗目の出店】を目指すための勉強の場のようですが、今回の「独立から2店舗目をめざすサロン成長戦略会議」はそもそも独立する前に読むことをオススメします。

 

本書は、ストーリー仕立てで書かれているのでわかりやすく、普段は本を読まない人でも簡単に読めるようになっています。

 

内容的にも、美容室経営における初歩の初歩といったところで、オーナースタイリストのあるあるとしても紹介されていますが、クリエイター・デザイナー的な感覚の美容師として育ってきて、いざ独立となった時につまづくであろう内容が具体例をふまえてわかりやすく解説されています。

 

僕もいま、独立支援を手がけている法人サイトにて失敗談のコラムを執筆させていただいていますが、美容師は独立前に経営の勉強になかなか時間を割けていないんですよね。

 

技術やサービスを磨いて、お客様にも支持され売上を上げられるようになってくると独立を考えるようになる人が多いと思いますが、独立するということは【美容師】から【経営者】への転職のようなものと、今日のトークライブで西川さんもおっしゃっていたように、仕事内容が大幅に変わってくるんです。

 

それを独立前と同じやり方、同じ考え方で経営をしていくと、やっぱりどつぼにはまっていく。そして転職して新しい業界に単身乗り込んだ時に、なんのツテもノウハウもないのと同じように、独立したての頃は相談できる相手もなかなかいないもの。

 

そういった誰もがつまづく可能性のある最初の落とし穴から抜け出すために手を差し伸べてくれるのが本書であり、本来は独立する前に勉強することによって、あるあるの失敗は避けられるものだと思います。

 

財務、教育、集客の3本仕立て

 

NO LIMITの三者がそれぞれのエキスパートとして一つの分野を担当するオンラインサロンと同様に、本書も財務、教育、集客の項目に分けられていて、生徒役の主人公の悩みに対話形式でアドバイスをしていくという内容です。

 

まずはどうやっても避けては通れないお金の話。店舗を運営していく上では簿記の知識は絶対必要になりますし、「決算書読めません」では話になりませんので、本書ではとりあえず小学生でもわかるレベルで決算書について解説してあります。

 

特に陥りがちな『税理士任せ』がいけない理由がとてもわかりやすいのが、「税理士は税金を計算する人で経営をする人ではない」ってことですね。なんとなくお金のエキスパートみたいな税理士さんから言われると妙に納得してしまいそうになりますが、結局のところ税理士さんは税務署の手先みたいなもんですからね。笑

 

教育に関しては、2店舗目を出店する上ではまさに一番大事な要素だと思います。自分も来月に2店舗目を出店しますが、スタッフの成長ありきでやっと実現できることですし、もともと気心知れたスタッフを育ててきているのでまだやりやすさがありましたが、新卒生を一から育てていくにはまだまだ実力不足なところです。

 

そんな中、この求人難の美容業界でまさにスタッフがスタッフを呼び、求人広告費0で「求人には一度も困ったことがない」と言い切れるジャイさんこと鈴木さんの教育に対する熱い想いに本書で触れられるのはそれだけでも¥2500出すだけの価値はあるのではないかと。

 

集客面では、最近ではsnsや個人ブログでの集客に力を入れている方が多いと思いますし、掲載料の兼ね合いから何かと悪者役にまわりがちなポータルサイトですが、お金を払うポータルサイトと無料で使えるsnsの集客効果における決定的な違いや、具体的な改善方法などを西川さんが担当してくれています。

 

そして新規集客をし続けることが、スタッフ教育につながっていくという内容や、ポータルサイトの掲載料は宣伝広告費ではなく教育費として考えるといった内容は経営者ならではの目線を読者に与えてくれるものだと思います。

 

それぞれの分野をエキスパートといった形で一人が担当しているわけではありますが、各分野で三者三様の意見もあれば、全く同じ考え方の部分もあったりと、それぞれの観点や考え方を学べるのもNO LIMITの、そして本書の面白いところであり、勉強させてもらえるところ。

 

三者の考え方に触れて、経営の仕方に正解はないのかなってことを改めて実感しますね。よくアップルとマイクロソフトの対極的な戦略が挙げられますが、結局はどっちも成功しているわけで。

 

ようはどこに軸を置いてそれを貫いていくかということと、それとは全く対極的に時代やニーズに合わせて柔軟に変化していけるかってことを同時にやっていくことが経営の大事な要素の一つでだから正解がないし、難しい。そしてさらにお金とのバランス感覚も必要で、これだから経営って楽しいんでしょうね。

 

かなり軽めの入門書

先にも触れましたが、本書は普段は本を読まない人でも気軽に読める仕様になっていまして、僕も六本木からの帰りの電車の中で読み終わったので3、40分程度で読み終わります。

 

当ブログでは色々と本を紹介させてもらっていますが、経営に関する本の中ではかなり軽めの入門書という位置付けですね。

 

むしろ、実際に経営していない人でも十分に理解出来る内容だと思いますので、だからこそゆくゆく独立を考えている方はその前に読むことをオススメします。無駄にあるあるのワナにはまる必要もないですから。

 

またフリーランスや業務委託についても触れられていますし、給料と報酬の違いなどは数字でわかりやすく表になっているので、将来どう言った働き方をして行こうか迷っている人にも参考になるかなと思います。

 

最近は美容業界を問わず働き方も多様化してきていている反面、選択肢が多いほど悩んで決められないといった側面も出てくるかなと思いますし。

 

そもそもフリーランスという働き方が美容業界でも定着したことによって、店舗をかまえて独立したいっていう人もかなり減ってきているのかな?と感じます。

 

たしかに、供給過多の状態ので、なおかつ労働環境の整備が急速的に求められている今の美容業界で、独立することのリスクは誰もが感じるところではあると思いますし、昔とは違ってお店を出せばお客様が集まる時代じゃないし、なおかつスタッフを集めるのなんて大手でも苦戦しているぐらいです。

 

だからこそ、独立している側は組織としての基盤を作っていかないといけないと思うし、8割が個人店と言われている業界において2店舗目を目指して経営者としての成長を目指していくことが、美容業界全体の発展に繋がっていくのかなと僕は思います。

 

美容師のためのオススメ本一覧

 

 

関連記事

美容師資格を取るなら通信課程がオススメな3つの理由

  美容師の国家試験を受けるためには美容専門学校を卒業しなければなりませんが、実は美

記事を読む

no image

Dearsとフランチャイズ美容室

先日この方とお会いしてきました。 ブログより参照 北原孝彦ー毎日をワクワクに変えていこう

記事を読む

グローバルミルボン始めました!!

(株)プリュッシュが運営するJillhair(ジルヘアー)にて、ミルボンさんの新シリーズ「グローバル

記事を読む

 ホットペッパーの美容師求人サイトに期待

  ホットペッパーの求人サイトがリリースされましたね。   今

記事を読む

no image

目の前のことにのみ集中する~美容師を楽しむためのコラムVol.16~

”目の前のことにのみ集中する”これって簡単そうに見えて実は難しい。   僕も昔は苦手で

記事を読む

美容師のためのオススメ本〜組織の毒薬〜

今回の美容師のためのオススメ本はこちら! 「組織の毒薬」 日高祐介 著 サイバー

記事を読む

美容師向けオンラインサロン【Real Voice(リアルボイス)】

美容師のプレゼン動画に特化したRealVoice   メーカーと共同で主催している

記事を読む

流山セントラルパークの美容室hair Lanish(ヘアーラニッシュ)に乞うご期待!!

僕が代表を務める株式会社プリュッシュの新店舗となるhair Lanish(ヘアーラニッシュ)がまもな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 株式会社プリュッシュ代表。 オーパーズグループにヘッドハンティングで招かれ、2014にJillhairをグループ店として出店。 スタッフ教育におけるマネジメント能力は社内外から高い評価を受けている。   個人事業主として雇用する面貸しサロンが増え、SNSを利用した個人での発信がより重要視されいく美容業界において、 あくまでも「チームサービス」にこだわりサロンマネジメントに取り組んでいる。   美容学生向けの「gricoエザキヨシタカとair木村直人のマルチバースオンラインスクール」にて講師としても活動中   友だち追加数      
    • hair Lanish ホームページ
    • Jillhairホームページ
    • 株式会社プリュッシュのホームページ
PAGE TOP ↑